レコメンド 深夜

おすすめ の 小説 「火花」

おすすめ の 小説 「火花」

おすすめ の 小説 「火花」


最近、芥川賞を受賞して評判になっている、又吉直樹の火花を読んでみました。読んだといってもざっとですが・・ 面白さとしては、まあまあといった所ですかね。しかし世間で騒がれているほどではないかなと言うのが正直な私の感想です。芥川賞の作品ですから読む前からハードルが高いですよね、でも火花は芥川賞を取る前から売れていましたし反響も大きかったようですから読む人によっては面白いと感じるのではないでしょうか。火花は厳しい目で見ても退屈でつまらない小説ではないと思います。その文章は引き込まれる物がありました。さすが太宰治を好きと自認しているだけはあります。しかし芥川賞に相応しいかどうかは、私にはわかりません。和田アキ子が火花を読んで感じるものは無かったと言っていましたがその意見にある程度の納得もあります。賞を取っている小説が面白いとは限らないと思います。過去芥川賞を取った小説を幾つか読んだこともありますが、すべてが良かったわけではなかったです。

スポンサーリンク

そもそも芥川賞の選考基準とはなんでしょう?芥川賞と平たく言えば純文学の新人賞だそうです。
新人という基準で考えてみれば、又吉は対象だと思います。しかしもう一人の受賞者の羽田圭介は新人だったのかな?新人というのは若手という解釈なのでしょうかね。
もう1つの選考基準である純文学とはなんでしょうか?純文学とは大衆的な面白さよりも、芸術性に重きを置いた小説だそうです。しかし私には火花に芸術性があるのかどうか判断は出来ませんでした。私は、火花には大衆的な面白さの方が感じられました。ちなみに純文学の作家は、太宰治、三島由紀夫、吉岡淳之介、石原慎太郎などが挙げられるそうです。

私の総評として火花については、厳しい目で見ても悪い印象はないです。おすすめの小説といえると思います。むしろ今後の又吉の作品に期待しています。

スポンサーリンク

iQiPlus