レコメンド 深夜

おすすめ 映画 「パンチライン」

おすすめ 映画 「パンチライン」

おすすめ 映画 「パンチライン」

以前、深夜にテレビで見ていた事もあって、この映画「パンチライン」は深夜に見る事をおすすめします。この映画は若き日のトムハンクス、そして最近だとアメイジングスパイダーマンに出演していた、サリーフィールド主演のアメリカのスタンダップコメディアンを主に置いたお話です。深夜の夜の時間が深くなるにつれて、物語も深くなり。そして夜明けとともにスッキリした気持ちで物語も終わって行きます。スタンダップコメディの映画なので、可笑しく笑える映画かと思えばじんわりと心に染みる悲しみと生きる事の苦しさを感じる事の出来る映画だと思います。人生の苦楽をコメディでオブラートした感じだと思います。若い時のトムハンクスのフレッシュだけど熱のこもった演技も良いし、サリーフィールドの家庭の主婦の憂鬱さとそこを飛び出して、スタンダップコメディの舞台に立ち、徐々に輝きを増す演技も素晴らしかった。主演の二人がお互いを引っ張りあった結果、113にも4にもなっていきます。この映画の見て損はないと思います。特に深夜に見る事をおすすめします。

スポンサーリンク



ストーリー

人を笑わせる事が好きな主婦ライラは、地元のスタンダップコメディのステージで、ライラと同じ様にコメディアンに成りたい仲間とステージで技を競い合う。中でも頭一つ抜けている出演者はスティーブンという大学生だったが、スティーブンは医学生だったが親に無理やり行かされたのもあって学業を放棄して、スタンダップコメディにのめり込んでいった。スティーブンの人生が辛くなるのに反比例して、彼の腕は冴えて行った。

一方何とかして笑いを取りたいあまりに、お金を出して購入したネタは、使い古されたネタで当然うけず、そこでライラは年の離れたスティーブンから学ぼうとする。やがてライラの話は少しずつお客にウケるようになり、スティーブンにも引けを取らない位人気になっていき、ライラとスティーブンも密接になって行く。しかしライラはステージに集中しすぎて家事や子育てが手につかず離れ、夫との関係も悪くなって行った。

ライラ達がいつも出演しているステージでテレビ局のオーディションが催される事になり。優勝者には成功のチャンスが与えられる。オーディション当日、ショーが続く中、こっそりと来て、優しく微笑む夫の姿を見て、自分が本当に求めていた事に気付く・・・・

スポンサーリンク



キャスト

スティーブン:トム ハンクス (主な出演作品 フォレストガンプ、ビッグ、キャストアウェイ、プライベートライアン)

ライラ:サリー フィールド (主な出演作品 アメイジングスパイダーマン、リンカーン、フォレストガンプ)

ジョン(ライラの夫):ジョン グッドマン(主な出演作品 夢を生きた男ベーブ、ブルースブラザーズ2000)

ロメオ:マーク ライデル(主な出演作品 ハバナ、ザ ゲーム)

マデリーン:キム グライスト (主な出演作品、刑事グラハム凍りついた欲望)

キャリー:キャンディス キャメロン(主な出演作品、フルハウス、)

おすすめ度 ★5段階評価・・・★★★

スポンサーリンク




iQiPlus